「あつかったら ぬげばいい」

夏、とっても暑くてワイシャツの中は汗だく!

ネクタイがきつく首を絞めるような気がする!

それでもネクタイを緩めず、上着は脱がない!

「ぼくはビジネスマン、正しいビジネスマン。」

「暑くても我慢するビジネスマン!

「ここで脱いでしまうと、ひとり目立ってしまう!

「人と違うことはできるだけしない方がいい!

「みんなと同じ、ぼくはビジネスマン、正しいビジネスマン。」

そんなある日、偉い人が宣言します。

「冷房節約するために、ノーネクタイ・ノージャケットにしよう!

するとみんな、その通りにしましたとさ。

これ、日本の話。2005年「クール・ビズ」は流行語大賞にもなりました。

それまでみんな暑くても我慢していたのです。

どうして、暑かったのに自分から脱げなかったのでしょう?

自分さえ我慢すれば。

誰かに心配かけたくないし。

みんなと同じでいたいから。

世間の目があるし。

ここで苦しんでるなんて知られたくないし。

実は、命をかけてまでやらなければならないことなんてこの世にひとつもなくて。

なのにみんな我慢して、自分を苦しめている。

学校だって会社だって家庭だって、命をかけてまでそこにいる必要なんて全くない。

いやだったら、行かなくていいし、そこにいなくていいし、逃げればいい。

「そんなの甘えだ!」と言われたら

あなたはあなた、わたしはわたし、と無視できればいい。

もう自分を責めないで、自分の心に耳を傾けてみる。そんな時間をぜひ、ここで。

 

「あつかったら ぬげばいい」「さむかったら きればいい」

ヨシタケシンスケさんの絵本 イリガン珈琲店の本棚にあります。

 

「普通、するよね?」

F子は、勘違いして彼とのデートをすっぽかしてしまいました。

その日、何度も電話したけどつながらず、Lineに丁寧に謝罪メッセージ。

しかし翌日、彼から℡がかかってきて

「普通、つながるまで電話するよね?」と責められてしまいました。

 

『普通』って何なのでしょうか?

あなたが思う普通と私が思う普通は違うかもしれないのだけれど

声の大きい人が「普通」と言えば、それが「普通」で正しくなる。その時のルールになる。

普通じゃないと、アブノーマルにされてしまう。

 

でも、おかしくないですか?

「普通に考えてみろ」「そんなお前は普通じゃない」「なぜ、普通にしないんだ」

15の頃、反論できませんでしたが、今、問いたい。

「じゃあ、普通って何ですか?」

 

令和になっても変わらず「普通」がはびこってます。

ワイドショーを見れば決まって「普通、○○するよね」という言葉が飛び出します。

きっと、普通って便利なんです。

自分じゃなくて、世間が言わせていると思っているから。

 

だから今、違う意見が許せない人が増えてきました。

自分と違う人は認めない。そんな神みたいな人が増えてきたような気がします。

それ、きつくないですか?苦しくないですか?

もう、普通に寄せて生きるのをやめてみませんか?

 

それが無理でも、せめてここにいるときは、違う意見を楽しみませんか?

せっかくあなたに出会ったのですから。

 

そして、F子は彼に言ったらしい、「私、普通じゃないから」。

さあ、どうする?

横川ガード下にて。

先日、横川シネマの前でゴムボールを投げて打ち合う「路地裏野球」を見ました。
いいなあ、こどもたち。
かつてリトルリーグなどなかった時代、路地裏からヒーローが誕生したものです。
野球はまさに「Field of Dreams」でした。

僕は駆け出しの頃、テレビ局の機材を運ぶアルバイトをしていました。
先輩がよく連れて行ってくれたのが、横川ガード下の「玉がわ」という焼き鳥屋さんでした。
大将ひとり、カウンターだけの店。(今はありません、、、残念!)
串に刺した鶏肉が焼けるまで
「きょうの現場は満足なのか?」「もっとこうすればよかったのに」「いいのか、それで?」
横川ガード下で熱く番組を語っていました。
そして、気づくのです。ここを出れば、またいつもの明日しかないことを。
その繰り返し。
でも、それが今の財産となっています。
『いつもの明日に、きょう抗うこと』。年をとっても忘れずいたいものです。

今、横川ガード下も新しくなりました。
新規オープンのお店が続々誕生しています。
みんなガード下から「ヒーロー」「ヒロイン」を目指しています。

そんなガード下の手前路地に、8月末に新しいお店が!
店名は「イリガン咖喱店」。イリガン珈琲店の姉妹店です。
場所は、野球少年のボールが転がる横川シネマの隣。
ガラスを囲った赤い扉が目印。
カレーとコーヒーのテイクアウト、店内でも飲食できます。
これから新メニューも登場する予定だとか。
カウンターで4席しかないお店に、僕はなぜかひかれてしまいます。

「いつもの明日しかないとしても、いつもと違う今があれば、きっと明日は特別な明日に。」
この店で感じるのは、そんな気持ち。
あきらめを止めるなら・・・
イリガン珈琲店とともに、イリガン咖喱店も。ぜひ。

珈琲を飲みながら「ブレずに生きるなんて無理!」

僕の嫌いな言葉に「ブレずに生きろ!」があります。
あの人は、ブレなかったら成功した。それに比べお前は・・・
そんな説教を何度も聞いてきました。
だから嫌いな言葉になりました。
僕はブレブレで生きてきました。
これが流行ると言われれば、それに感化され
「これからの時代はこれしかない!」と言われれば、それをしばらく実践し、
また元の鞘に収まる。
「まるで、ポリシーがない」生き方をしています。

 

東京スカパラダイスオーケストラの「Are You Ready To Ska?」
詞の中にこんな一節があります。
 『真っ直ぐ進んだつもりが 大分 曲がってた
  自分を曲げずにいたなら ぶつかっていただろう』

 

尊敬する谷中敦さんの詞です。
僕はこの曲に何度も救われています。
ぶつからずになんとかやってこれたのも、ブレたおかげ。
そう思うと少し楽になります。
自分でルールを作って、それを守らなきゃと思うと息苦しくなります。
あなたは、いろんなあなたでいい。

きょう ちょっとブレてみませんか?
いつもと違う「なにか」を探して。
違うメニューを頼んでみるのもいいかも。

 

 

感想 こちらまで。 info@ichimonjiya.net
どんな小さな起業も応援!
パーソナル文章講座あり! (株)一文字屋

珈琲でも飲みながら 「脳は主語を理解できない?」

罵詈雑言の嵐で、言葉が人の命を奪ってしまう事件がありました。
「許さねーぞ、そんな書き込みは!とことん追いつめてやる!」
正義を語るテレビも罵詈雑言の嵐でした。負のスパイラルです。
自分のまわりにそんな人がいたら、ぜひ伝えてほしいことがあります。

<みんなの「脳」は、『主語』が理解できない>

ある脳科学者が断言していました。
僕の脳も、あなたの脳も、みんなの脳も「主語」が理解できないらしい。
つまりどういうことかというと
「美咲のバカヤロー」「同期のM、失敗しろよ」「てめー、ふざけんな」
などの言葉は、自分がバカヤローで、自分に失敗を命令し、自分に怒っているというわけ。
つまり、SNSに書き込む「お前、シね」は脳にとっては「(自分)シね」なわけ。

タイガー・ウッズは、決勝最終ラウンドでライバルが失敗すれば優勝できる場面でも
決して「入るな!」とは思わないそうです。
自分が念じる言葉は自分に帰ってくるから、彼はいつも「入れ!」と願う。

悪口を言ってると主語が認識できない脳は、自分自身に悪口を言っていると勘違いして
気分が悪くなり、ストレスが発生するそうです。脳って意外に賢くない??

だから僕は、イリガン珈琲店でコーヒーを飲むとき
「だいじょうぶ、きっとうまくいく」とつぶやくようにしています。
それって単なる自己暗示じゃん。
でも、脳を操つるのにそれ以外の簡単な方法を知りません。
雨が降っても
待ち人が来なくても
仕事にミスしても・・・コーヒー飲みながら「だいじょうぶ、きっとうまくいく」。

感想 こちらまで。 info@ichimonjiya.net
どんな小さな起業も応援!
パーソナル文章講座あり! (株)一文字屋

How to Make Stress Your Friend「ストレスを友だちにする方法」

自粛していて不安になりませんでしたか?

電話もメールも誰からも来なくて、

自分はもう必要とされていないのではないか?という不安。

Stay Home!より、INeed You!と言われたかった孤独感。

そんな不安を抱えながら、ヒマつぶしに動画を見ていたら

スタンフォード大学の先生ケリー・マクゴニガルさんが

「ストレスを友達にする方法」をプレゼンしていた。

内容は・・・アメリカの死因はストレスではなく、「ストレスが健康によくないと信じていたこと」。だからストレスの見方を変えた方がいい。

心臓がドキドキし、呼吸も早くなり、汗がでてくるのはプレッシャーへの不安ではなく

チャレンジに立ち向かう準備ととらえる。

そして、ストレスに反応して出るオキシトシンというホルモンは「抱擁ホルモン」と呼ばれていて、人を抱きしめる時も分泌されるそうだ。

オキシトシンが出ると、友だちや家族と物理的にふれあいたいという気持ちになる。

つまり、ストレスを感じたら脳が誰かに話し、援助を求めるように促しているというわけ。

脳って素晴らしい!僕には、オキシトシンがいつ分泌されているのかわからないけど

美味しいコーヒーとのんびり話しを聞いてくれる人がいたら、ストレスフリーだ!

それはとても幸せなことだと思う。そんな日常を大切にしたい。

一文字弥太郎

「手放すという生き方」

僕は「テバナス」ことが苦手でした。
「テバナス」には、「手離す」と「手放す」がありますが苦手だったのは「手放す」です。
距離をおくことではなく、あるモノから解放される、何か自由にするということが苦手でした。
おとなになってからもそうで、
お金や仕事。あるいは、恋人とか家族。
一度しか着てないスーツや引き出しの奥に貯まった資料も含め、
僕は「手放す」ことができませんでした。
しがみついているのですね、しがみついていないと自分が心配だから。
見張ってないと誰もいなくなるのではという恐怖心がありました。

ずっと。人生「つかむ」ことばかり学んできました。
<100点を手に入れろ><委員長になれ><夢をつかめ><偏差値を手に入れろ>
<一流企業の内定をつかめ、出世しろ><年収1千万をつかめ><玉の輿をゲットしろ>
とにかく全部手に入れることばかり。
もちろん、全部指の間からこぼれて行きました。
振り返ると、一度も「手放すこと」を習った記憶はありません。
(もちろん、自分で学ばなかった後悔も含め)

それでも長く生きていると「つかんでいるモノ」があり、
それを手放すのが怖くて、手に入れたモノすべてに執着していました。
仕事や愛も手にしている状態を保つだけで精いっぱい。きつい。
そんな僕に『手放すために生きなさい』と教えてくれた人がいます。
あなたは手放すために生まれて来た、と。その瞬間、心がラクになりました。
あ、手放していいんだ。
あ、放すよ。
これ、悪いことじゃないんだ。
そんな感覚。
あなたも手放してみませんか?いろんなこと。
その人と出会ったのは、
イリガン珈琲店の本棚に置いてあったショップカードがきっかけ。
ここはいろんな交差点。
ぜひ、チェックしてみて。   

 

一文字弥太郎

「珈琲を飲みながら」

最近、ガツンとやられた若者に出会いました。
尾道市に浮かぶ向島でアーモンドを栽培している男3人組「みなと組」です。
平均年齢21.6歳、自称「アイドル農家」。
アーモンドは収穫まで5年かかるので、それまでアイドル(?)として活動するのだそうです。
畑とは別に、尾道の昭和レトロな繁華街・新開エリアに2月末お店をオープン予定。
店名は「アニマル」。(理由は長くなるので省きます)ここでアイドル農家として活動。
尾道の柑橘農家が出荷できない柑橘(キズモノ)を使い、ジュースやカクテルを提供し、アーモンド収穫までの布石にするとか。
僕が取材したのは、加藤さんと岩井さんの2人。
加藤さんは、農業経済学を専攻していたけど『学校で勉強するより勉強したい事をプロに直接会って話聞いた方が早いじゃん!と思ってしまいどんどん熱が冷めてしまって…
結果地元に帰って自分で農業を始めてしまいました』、
岩井さんは大学に行くも『深夜の図書室でふと休憩中に思ったんですよね。これ本で勉強できるわ、本でいいじゃんって』、入学して3ヶ月で辞めたそうです。 なんだ、この身軽さ!
しかも、考えてないようでしっかり思考している!
考えてないのは「いろいろ言われるのは面倒だからこのままでいっかー」の自分でした。
だって何も結論を出せず(出さず)、愚痴ばかりの繰り返し。

 

あなたは今、自分を楽しんでいますか?
何が起こるかわからないのに、未来の不安に立ち止まっていませんか?
そんなあなたにおすすめの本が、イリガン珈琲店の本棚にあります。
「インドのけもの」
とら、ぞう、うし、しか、へびなど、インドを代表する動物たちが
部族に伝わるさまざまな芸術様式で描かれています。ハンドメイドの絵本です。

 

常識はいったん捨てて、本を開いてみてください。
『目の前にあるそのままでなくていい、あなたの心を絵にすれば』・・・そんな本です。
自分の心に忠実に、明日の絵を描いて行きましょう。

 

感想 こちらまで。 info@ichimonjiya.net
どんな小さな起業も応援!
パーソナル文章講座あり! (株)一文字屋

自分の感受性くらい

うまくいかないことがたくさんあります。人生は思うようにいかないことの連続です。

「なんでこうなるん?」

ひとつ乗り越えたと思ったらまた「うそじゃろ?」と思うことが勃発。

 

仕事がうまくいかない

家族と折り合いが悪い

友人に裏切られた

恋人と仲違い

誰もわかってくれない誰もわかってくれないダレも・・・

 

「私は悪くないのに!」と心がざわついたら、珈琲と和菓子でひと息入れましょう。

 

誰かのせいにして、気が済みましたか?

隣人や社会のせいにして、心は晴れましたか? 

それで、ものごとはうまく進みましたか?

 

誰かのせいにしているときは、何もしていないのと同じ。

イリガン珈琲店の本棚に、そんなことを気づかせてくれる詩集があります。

 

茨木のり子 「自分の感受性くらい」

 

   ぱさぱさに乾いてゆく心を

   ひとのせいにはするな

   みずから水やりを怠っておいて

 

   気難しくなってきたのを

   友人のせいにするな

   しなやかさを失ったのはどちらなのか

 

 ・・・続きは、ぜひ詩集を読んでください。最後にガツンとやられますから。

 

 

 

感想 こちらまで。 info@ichimonjiya.net
どんな小さな起業も応援!
パーソナル文章講座あり! (株)一文字屋

夕焼けポスト

2020年!

今年のうお座は「次のわからないに向かっていく」「開運を目前にした大切な一年」など

ありがたい予言が占いのページに書かれています。

 

占い=統計学という人もいますが、そんな大量の統計データを見たことがないので、
僕は、占いは「占い」なんだと思っています。

ちなみに。大学生のとき、とても好きだった人に「うお座とは相性が悪いから」という理由でフラれたことがあります。

彼女は乙女座でした。
乙女座は完璧主義なんだそうです。
乙女座に限らず、完璧主義な人は無理です。うお座に関係なく、僕はズボラですから。

 

僕たちは、未来が知りたくて知りたくて、でも知ることができなくて、
実は知るのもとても怖くて、
だから未来のかすかな光と陰を覗くことで、今を落ち着かせています。
その作業を手伝ってくれるのが占いだと思っています。とても崇高な仕事です。

 

でも、未来って本当にあるのでしょうか?
過去はあります。
頭の中に「昨日」や「去年の夏の思い出」「もっと前の懐かしい記憶」がありますから。
でも、未来って本当にあるのでしょうか?
明日(未来)のことを考え、準備する「今」は確かに存在しますが、
明日になれば・・・
未来と思っていた時間は「今」になり、過ぎれば「過去」に。
そしてまた未来を想う。その繰り返し。
未来はあるのだけれど、未来に立つこと、未来に生きることはできないのです。

 

『僕たちは、過去に学び、瞬間、瞬間に生きる!それしかできない!』

 

そう思ったとき、明日やもっと先の不安におびえている自分が嫌になりました。
今を生きましょう、精一杯。それだけで、きっとだいじょうぶ。

 

そんな物の見方を変える=観自在な方法を教えてくれる一冊が本棚にあります。

 

・・・・・・続きは、イリガン珈琲店で。

 

感想 こちらまで。 info@ichimonjiya.net
どんな小さな起業も応援!
パーソナル文章講座あり! (株)一文字屋

漂流郵便局は、実在した?!

瀬戸内海に浮かぶ人口わずか230人ほどの島、香川県・粟島に
行き先不明の手紙が全国からたくさん届く「漂流郵便局」があります。

 

1991年で閉鎖された粟島郵便局を
2013年の「瀬戸内国際芸術祭」でアーティストが期間限定で開局しましたが
その後も手紙が寄せられるので、島の元郵便局長さんが守り続けています。

僕は2回訪ねたことがあります。
一度は仕事、一度はプライベートで。
確か、漂流してきた手紙は3万通近いと聞きました。
それがレトロな郵便局に展示されていて、手に取って読むことができます。

 

手紙の住所は、「漂流郵便局」。
宛名は、亡くなった親や子の名前、昔の恋人や恩師、天国にいるあの人など
差出人の心にひっかかったまま落としどころのつけられない「誰か」です。

 

島に打ち返す波音を聞きながら
手紙を出した人の「後悔」や「自責の念」、「嗚咽のような叫び」、声に出しても届かない「苛立ち」、

何よりずっと思い続けているという気持ちに触れると、涙が出ます。

 

「漂流してもだいじょうぶ!」

 

僕らは今、YESかNOか?それをやって儲かるのかどうか?
求められるのは、最短距離!最速!最高の価値!
働き方改革とは名ばかりで、無駄のない合理化&効率化で最高の利潤と内部留保。
ひとつ疲れて、その流れに逆らい漂流してしまったら、どうなるのでしょう?

 

・・・・・・この続きは、イリガン珈琲店で。

 

感想 こちらまで。 info@ichimonjiya.net
どんな小さな起業も応援!
パーソナル文章講座あり! (株)一文字屋

どうすればうまく行くか?教えてあげよう

三原から出てきて、ラジオやテレビの華やかな世界に戸惑っている僕に
後で人生の師となる大先輩が教えてくれた言葉があります。

「本を読め!人に会え!そして、旅に出ろ!」
これを繰り返していれば、たいていのことはうまく行く。

大先輩の言葉は、右も左もわからぬ僕には沁みました。
どんなアドバイスより、的確で、普遍的でした。
以来、可能な限り実践しようと今も努力を続けています。旅は日帰りがほとんどですが。

でも「本」も「人」も「旅」もすべてが最高~~!なわけではありません。
映画と一緒で「なーんだ、つまんない」
正直、ハズレがたくさんあります。
感動した本、出会ってよかったと思う人、行って涙した場所など、
そんなにあるわけがありません。
長く続けていると、それでいいんだと思うようになりました。
ハズレがあるからアタリがあるわけで。
アタリのためにハズレがあるわけで。
どっちも大切。
それがわかったとき、ちょっと心が軽くなりました。

乱読、雑読、来る人拒まず、旅の恥は笑いに変えて
これを続けて行けば、きっといいことありそうな。

イリガン珈琲店の本棚には、僕とってのアタリ本を何冊か置いています。
中でもおすすめは・・・
おっと、この続きはお店のメニューの中に。

感想 こちらまで。 info@ichimonjiya.net
どんな小さな起業も応援!
パーソナル文章講座あり! (株)一文字屋

「正しいことを言うとき」について考えてみた。

最近、あおり運転が問題になっていますが
少し前から「キレる老人」「モンスターペアレンツ」「クレーマー」と
とにかく怒る人がたくさんいて、世の中は怒りで満ちあふれている。
パワハラだって怒ることから始まるし、
ワイドショーも「あの容疑者は許せない!」「厳罰にしろ!」のシュプレヒコール。
怒っている人は、元気に見えて目立つのでテレビは大歓迎なのでしょう。
あの「ぶっこわせ!」も、元気に見えてしまいます。
そして、やっかいなのが怒っている人は、常に自分が正しいと思っていること。
自分も昔、怒っていることが正しくて威厳を保つことと勘違いしていました。
愚かでした。
そんな自分を変えてくれた「詩」があります。
吉野弘さんの「祝婚歌」です。

「祝婚歌」  吉野弘

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派過ぎないほうがいい
立派過ぎることは
長持ちしないことだと
気づいているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい

そして、この詩の中に「正しいことを言うときは」があります。

正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいものだと 気づいているほうがいい

そういう人になりたいものです。全文は、イリガン珈琲店で。

CONTACT
お問い合わせ

イリガン珈琲店へのお問い合わせ・オンラインショップの
ご利用お待ちしています。

このサイトを広める