自分の感受性くらい

うまくいかないことがたくさんあります。人生は思うようにいかないことの連続です。

「なんでこうなるん?」

ひとつ乗り越えたと思ったらまた「うそじゃろ?」と思うことが勃発。

 

仕事がうまくいかない

家族と折り合いが悪い

友人に裏切られた

恋人と仲違い

誰もわかってくれない誰もわかってくれないダレも・・・

 

「私は悪くないのに!」と心がざわついたら、珈琲と和菓子でひと息入れましょう。

 

誰かのせいにして、気が済みましたか?

隣人や社会のせいにして、心は晴れましたか? 

それで、ものごとはうまく進みましたか?

 

誰かのせいにしているときは、何もしていないのと同じ。

イリガン珈琲店の本棚に、そんなことを気づかせてくれる詩集があります。

 

茨木のり子 「自分の感受性くらい」

 

   ぱさぱさに乾いてゆく心を

   ひとのせいにはするな

   みずから水やりを怠っておいて

 

   気難しくなってきたのを

   友人のせいにするな

   しなやかさを失ったのはどちらなのか

 

 ・・・続きは、ぜひ詩集を読んでください。最後にガツンとやられますから。

 

 

 

感想 こちらまで。 info@ichimonjiya.net
どんな小さな起業も応援!
パーソナル文章講座あり! (株)一文字屋

CONTACT
お問い合わせ

イリガン珈琲店へのお問い合わせ・オンラインショップの
ご利用お待ちしています。