横川ガード下にて。

先日、横川シネマの前でゴムボールを投げて打ち合う「路地裏野球」を見ました。
いいなあ、こどもたち。
かつてリトルリーグなどなかった時代、路地裏からヒーローが誕生したものです。
野球はまさに「Field of Dreams」でした。

僕は駆け出しの頃、テレビ局の機材を運ぶアルバイトをしていました。
先輩がよく連れて行ってくれたのが、横川ガード下の「玉がわ」という焼き鳥屋さんでした。
大将ひとり、カウンターだけの店。(今はありません、、、残念!)
串に刺した鶏肉が焼けるまで
「きょうの現場は満足なのか?」「もっとこうすればよかったのに」「いいのか、それで?」
横川ガード下で熱く番組を語っていました。
そして、気づくのです。ここを出れば、またいつもの明日しかないことを。
その繰り返し。
でも、それが今の財産となっています。
『いつもの明日に、きょう抗うこと』。年をとっても忘れずいたいものです。

今、横川ガード下も新しくなりました。
新規オープンのお店が続々誕生しています。
みんなガード下から「ヒーロー」「ヒロイン」を目指しています。

そんなガード下の手前路地に、8月末に新しいお店が!
店名は「イリガン咖喱店」。イリガン珈琲店の姉妹店です。
場所は、野球少年のボールが転がる横川シネマの隣。
ガラスを囲った赤い扉が目印。
カレーとコーヒーのテイクアウト、店内でも飲食できます。
これから新メニューも登場する予定だとか。
カウンターで4席しかないお店に、僕はなぜかひかれてしまいます。

「いつもの明日しかないとしても、いつもと違う今があれば、きっと明日は特別な明日に。」
この店で感じるのは、そんな気持ち。
あきらめを止めるなら・・・
イリガン珈琲店とともに、イリガン咖喱店も。ぜひ。

CONTACT
お問い合わせ

イリガン珈琲店へのお問い合わせ・オンラインショップの
ご利用お待ちしています。