3つの約束

今、僕の注意していることを3つ書きます。

 

ひとつ、「反射神経で動かない」

 

「メールの返信は早く」「スピード感が大切」「ニュースはスマホの見出しで理解」

「わからぬことはすぐに検索」

そんなことが良しとされる現代社会。

みんな反射神経だけで生きてませんか?まるでアレクサになったみたい。

思考を停止して反射的に行動しても何も残らないでしょう?

どこに向かいたいのか、自分の意志より何かに反応するだけで、ただただ忙しそう。

そんな状態が続くと、

何かがないと何もできない人間になってしまうのではないかと危惧しています。

悩む、考える、そして無駄な時間。そこから哲学や理念が生まれると思うのです。

あっ、愛もね。

 

ふたつ、「友達の枠を外す」

 

友達って何人いるんだろう?

あの人は友達? じゃあ、あの人は? 親友っている? Face bookの友達は本当に友達? 

そんなこと考えてたら友達の定義がよくわからなくなり、

出した結論が「出会った人はみんな友達」!

なんでもっと早く気付かなかったんだろう?

友達だと思えば、もっといろんな話ができるし相談もできる。

第一、友達と一緒に仕事できたら最高じゃん!

枠にとらわれ、自分を狭くしていました。

波長が合わないなと思ったら、そっと距離をとるだけ。これでいい。

あなたと出会ったら、その瞬間から友達です。

 

みっつ、「腹八分目」

 

これは特にありません。

 

一文字弥太郎

CONTACT
お問い合わせ

イリガン珈琲店へのお問い合わせ・オンラインショップの
ご利用お待ちしています。

このサイトを広める